個人再生のことは弁護士に依頼!借金苦からの脱却

メリットとデメリット

弁護士

借金を減額する手段として個人再生が知られていますが、実際にメリットもあればデメリットが存在するのも事実です。ですので、依頼する前にどのようなメリットとデメリットがあるのかを把握しておくといいでしょう。まず、個人再生が許可されると借金を減らすことが可能です。例えば、100万円以上500万円未満の場合は100万円も減らすことができます。そして、500万円以上1,500万円以下なら5分の1を減らせます。他にも、1,500万円以上3,000万円未満であれば300万円まで低減することが可能となっています。更には、3,000万円以上5,000万円以下の場合は10分の1を減額できるものとして法律で定められています。この料金の中には金利も含まれているので、大幅に借金をカットすることができるのです。また、時効ですと債権者が裁判を起こすと借金減額が不可能となりますが、個人再生の場合は債権者が反対しても実行可能となっているので、安心感もありますよね。そして、個人再生が許可されると同時に債権者からの電話や訪問での催促がピタッと止まるので、精神的な不安からも解放されることでしょう。それだけでなく、個人再生の場合はローンの支払が残っている一戸建てやマンションを手放す必要がないので、あなたやあなたの家族の住処を守れます。そして、資格を剥奪されるということもないので、仕事を失うということもまずありません。だからと言って、ブラックリストを回避することはできないので、よく考えてから弁護士に依頼するといいでしょう。

Copyright© 2018 個人再生のことは弁護士に依頼!借金苦からの脱却 All Rights Reserved.